ぼのぼの回想記

何気ない日々にも幸あれと

縁の下の力持ち(/・ω・)/

今日の授業は2限だけ

英語の時間でプレゼンの発表がありました

少し遅刻して授業へ

高校では考えられないことである

 

昔は5時間授業、6時間授業が当たり前で

土曜日も授業みたいなものがあったという話も

ゆとり世代といわれる私たちの学年はさほど辛くなかったのかも

比べたことがないけど

 

期末テストのある科目をとっていなければ

全休いうこともありうる

私は昨日が全休だった

 

勉強以外のことで悩んだり、挑戦したりと

大学生はやる制限がない代わりに

自主性が求められる

特に私の通っている大学は

ほとんどの人が一人暮らしや寮だからね

 

 

 

 

今日の朝は落ち込むことがあり

すごく大学に行きたくなかったんですよね・・・

2限だけだけどなんかしんどくて辛くて

でも行かなきゃで

どうしようもなくて

 

けど一つあったいいことは

ずっと言いたかった「ありがとう」を自転車の整理や清掃をして下さる

おじちゃんに言えたことです

4月から言いたいなと思ってたんですよね

自転車がぐちゃぐちゃにおかれていたり

道路にはみ出して止めていたり

風で倒されてたり…

 

けど毎日ちゃんと並んでいる自転車たち

今日はちょうど風で倒れているところに出くわして

またまた言えたのでラッキーでした

 

ありがとうという言葉は本当にいい言葉です

言っている本人も幸せになれることば

最後に「テスト頑張って」と言ってくださった言葉

絶対忘れません

 

もし忘れたとしてもここに書いてけば大丈夫かなと(笑)

あとから付け加えて思うのです

 

広告を非表示にする