ぼのぼの回想記

何気ない日々にも幸あれと

ただ流され生きるとは

こんにちは
久しぶりの投稿です( *´艸`)

最近は仲間内で
文章を書かねばならず
いろいろと考える日々が続いています( ;∀;)

友達のことや自分のこと
今何するか、将来のこと、、、、

自分のしたいことをして生きるとそう考えていても
流されていきるのと、自分で決めて決断して行動するのは天と地の差

誰かに言われて、誰かの中で生きるのはとても心地良いし
たまに奇跡的な成長する機会が与えられることもある

受動的ではないだろう
高校の時より成長していると実感もできる

私に足りないのは一人でやってきたことだと気づいたから
流されて生きてきた今までを否定したいと感じている
ただそれだけかもしれない

私はグループで何かをすることは好きで
研究室とか寮とか学科とか教職とか
今でも前のクラスと同じように
グループに依存している

グループの中の私が好きだ

けれど、それだけじゃだめかもしれない
私のやりたいこととみんなのやりたいことは少しずつずれていて

共感するだけじゃダメだ

嫌なら、変えていかないといけない
行動しない自分を嫌いになる前に

広告を非表示にする