ぼのぼの回想記

何気ない日々にも幸あれと

とっておきの一枚

お題「無人島に持っていきたいもの」

以前はCDをあまり借りてきて聞かなかったのですが、
最近はよくいろいろなジャンルに手を出して聞くようにしています笑

彼氏が音楽が好きなものでして
ツタヤに行って5枚で1000円を二人で選ぶことも多く
一番最後のCDで悩むことも多いです笑

最後の一枚に選ぶCDはとっておきの一枚

前選んだので覚えているのは
ふと目に留まったRADの「無人島に持っていき忘れた一枚」です。

普段からRADの曲は色々な意味で心に刺さる曲が多く
心動かされながら聞いているのですが、

このアルバムに入っている曲がとてもやさしい曲ばかりで
とっても好きです。

無人島には皆さんは何を持っていくのでしょうか。
多分、生活必需品等形あるものから決断力、強い自分等の形のないものまで様々だと思います。

色々しっかりと持って
いざ無人島に向かい、やっとの思いで降りたったとき、
ふと頭の中をよぎるものがある。

もう無人島に着いたのに、
持って行き忘れたものが
心残りのものが
それほどに大切なものが、

多分、いや必ず
この中に詰まっている。

そんなことを感じされられる一枚。

この島で何も縛られない自由を手に
逆に考えると誰も守ってくれない孤独と戦いつつ
そのスタートラインに立った時、
とても大切なものを置いてきた。
でも
それでも良いんだと。
いや
だからこそ、その存在があるからこそ、

私はどんなところでも
自分らしく、たくましく生きていけると

そう思える
そんな一枚です。

広告を非表示にする