ぼのぼの回想記

何気ない日々にも幸あれと

自分の時間


ゆったりとした時間
ゆっくりと流れる自分だけの時間

ときには早くときにはゆっくり
自分のペースでで工夫する時間

付き合うっていうのは
その人の時間も考慮するから
少しその人のこと分かってないときには
私の負担が大きかった

それでは楽しくない
辛い気持ちの方が大きい

少し休憩してもいいですか

友達に戻ってくれませんかと

それが私の答え

ちゃんと大丈夫だよって言ってくれる
その人は本当に優しいんだなって思う

葛藤あっても
悩んで決めてくれたんだなって

こっちも保留期間でも
コツコツ頑張ります( ´ ▽ ` )ノ






広告を非表示にする