ぼのぼの回想記

何気ない日々にも幸あれと

私の後ろにできた道

出会いと別れの季節

Facebookに友達申請がきていた

一つ年下の友達

プロフィールには「京都大学」と書かれていて

影でとても頑張り屋さんが

120%の力を振り絞って頑張っている姿が目に浮かんだ

その子も愛知県という慣れた土地を離れて

1人京都に旅立つのだなと思い

1年前の私と重なった

 

もう1年たったのだ

偏差値ではなく自分のやりたいこと

自分に合っていると思えた雰囲気を選んで

模試の結果が余裕のA判定だった

この場所を選んだ

 

そのときは自分の選択が

本当にあっているのか分からなかった

けど今なら分かる

本当に良かったなと心からそう思えるのだ

 

寮から始まった大学生活も

不安でいっぱいだったけどなんとか過ごせた日々

 

それは

楽しいことばかりではない

辛いことだってあった

もう本当にたくさん

 

しっかり進んできた毎日毎日一歩ずつ

 

目を閉じる

後ろを振り返ると

自分で選んで進んできた道がある

横には私を支えてくれる家族や友人の姿

下をみると自分の足が見えた

履きなれた靴とともに

 

前を向くと

真っ白な景色

まだなにも決まっていない未来

 

真っ白なキャンパス

描くのは主役である私

 

何を戸惑うことがある

何が怖くて立ち止まっているの?

上から声が聞こえる

 

そうだ

「レールの上を走りたくない」

昔の自分も今の自分も

この部分は変わらないのだ

 

 

 

 

人生の岐路に立たされているときに

高村光太郎さんの『道程』と

ヒルクライムさんの『ルーズリーフ』を思い出します

 

まだまだ先が長い人生

先の見えない未来を楽しみにしながら

今をちゃんと生きれればと思います

 

広告を非表示にする