ぼのぼの回想記

何気ない日々にも幸あれと

うつと向き合うこと

今日もうつな感じでした

大きな声が頭に響いて

思考が止まってしまう

人ごみが嫌で嫌で仕方がないのだ

 

と言って

1人は考え込んでしまう

辛い、辛いって

 

そんなときに頼れる友達のところに

少しの間居候

とても落ち着きます

 

今日は先生のところで

2時間くらい居候です

 

すぐには治らない病気

どうしたら治るか分からない病気

 

ふと思ったのは

こいつとは長い付き合いになりそうだということ

ある意味、第二の人生が始まったのかも

と思いました

 

だって

前の私の思考は通用しない

本もあまり読めないし

無理もできない

どうしょうもない

 

ただ

友達や話せる大人の人に感謝です

これからも向き合っていこう

どこにいるか分からない

心の病気に

 

広告を非表示にする