ぼのぼの回想記

何気ない日々にも幸あれと

無人列車 ←しょうもない昔書いた小説(笑)

 ゴトンゴトン、ゴトンゴトン………。

 

13時45分。

 

座ると携帯を見てしまうくせは相変わらず、

ボタンを押したら、

画面の左上に表示された数字を心の中で読んでしまうのも

長い間で身についてしまったくせだ。

 

人ごみの中や、友達との会話で話についていけないときによくしてしまう。

まだかなって、

終わらないかなって

無意識に見てしまうのだ。

 

 

そして、目を閉じる。

次は○○駅。○○駅です。

電車が加速するのを感じる。

 

斜め前に座っている女子高生が、

担任の先生の悪口を言っている。

「あのせんせー、超ウザいんですけど~。」

 

ちらっと盗み見をしてみる。

同じ制服を着こなしているいまどきの高校生。

今日は午前で終わりなのだろうか。

 

 

その子たちの持っている携帯を見た途端、

心の中に嫌な風が吹く。

顔をあげてあたりを見回し、

私以外の人がすべてケータイを見ていることに気づいた。

 

 

話しているのに、話していない。

ここにいるはずなのに、ここにいない。

ここに存在しているのは、私だけ。

真実に心がやられてしまう前に

そっとその気持ちを逃がしてやるのだ

 

非日常の世界が日常になる

日常を嫌う私にはいずらい場所

 

みんなは気づいていないんだ

この世界が非日常だということを

 

広告を非表示にする