ぼのぼの回想記

何気ない日々にも幸あれと

時間っていう原則が憎くて…

自分の中で必然ってもの

自分の中では決まりきった固定概念が

いつの間になくなっている

 

間違いって否定されるのではなく

心の中にある「しがらみ」を溶かしてくれる

 

本当にすごい

ちゃんと恋愛をしてこなかったからかな

こんな気持ちになるなんて思わなかったん…

前の私ならね

 

この時間がずっと続けばいいのに

この時が止まってくれたらと

 

そんなふうに思える日が来るなんて

思わなかったんやよ

 

私の中に確かにあるこのきもち

こんなに自分が夢中になってしまうなんてね

思わなかったんやよ

 

二年次はキャンパス移動で

離れ離れになってしまう

君が遠くに行ってしまう

それに合わせて心までどっかに

行ってしまいそうで…

 

どうしようもないけど

やっぱり思ってしまう

 

昔の自分では

考えもしなかったのに

頭の中に確かにあるこの気持ち

 

時間が止まってしまえば

いいのにと

 

広告を非表示にする